SPACE DESIGN OFFICEを軸にアンティークShop/スタジオ 'SIEBEN'の運営を通して、
クリエイティブな人の輪の連鎖を作ることを目的とした集団。
デザイン、アート、食、旅などなど、私たちの楽しくも大変な舞台裏を気ままにNEWS&COLUMNにてご紹介。

NEWS & COLUMNS | TYPESEVEN

2018/07/07

橋村大作 × 西山芳浩「涼を奏でる二人展 」

 

 
橋村大作  × 西山芳浩

涼を奏でる二人展 

2018.8.4 (Sat) – 11(Sat) 11:00 – 18:00

 

橋村大作の「暮らしを華やかにするGLASS」
西山芳浩の「暮らしに寄り添うGLASS」
二人の作品に共通する 「佇まいが奥ゆかしく、陰影までもが美しく」
透け、ゆらぎ、照り、風合い、色とガラスの魅力を最大限に感じる作品の数々
そんな彼らのGLASSが奏でるられる涼を是非ご高覧ください。
(※初日のみ作家の橋村大作さん在廊されます)

 

橋村大作 ( glass studio 206番地 )

 幼少期より長く多国の海外にて暮らしたが故に育まれた
日本的な「奥ゆかしい中に凛とした美意識」をどの作品にも感じられ
物静かな人柄からは驚くほどいつも新しい風=クリエイティビティーが溢れています。
今回はCRACKシリーズを始め、色、箔と多様な表現でグラスや花器の他に
ジュエリーや照明なども特別に制作して頂きました。

 
PROFILE

1974 東京生まれ 以降メキシコ、ペルー、スペイン、イギリスに育つ
1996 川崎医療福祉大学臨床心理学科 卒業
1997 横浜ガラス工房見習い、能登島ガラス工房にて吹きガラスを学ぶ
1998 ケーズブローイング ガラス工房(小樽)スタッフ
2001 スウェーデンへ G.glass verkで制作アシスタント
2002 九の井 陶郷 ガラス工房(横浜)運営スタッフ
2006 フリーでガラスを制作活動開始
現 在    神奈川県鎌倉にて制作活動 (glass studio 206番地)

 

▽橋村大作 お香立て( CRACK透明 / HAKU 黒紫)

 

 

 西山芳浩

 

江戸時代や骨董の手工芸に影響を受けた
型吹きの江戸ガラスシリーズはその繊細なゆらぎが涼しげでありながら
どこかあたたかく懐かしささえ感じせます。
「こんなグラスがずっと欲しかった」と思う人が多いのではないでしょうか。
また、宙吹きの柔らかい曲線の浮遊感ある器たちは
盛り付けられた食べ物を美味しく見せてくれます。

 

 PROFILE

1979 愛媛県生まれ
1997 ザ・グラススタジオ・イン函館 スタッフ
1998 (株)SUWAガラスの里 スタッフ
2001 (株)播磨ガラス工房 インストラクター
2004 金沢卯辰工芸工房 研修者
2007 金沢牧山ガラス工房 スタッフ
現 在   石川県金沢市にて制作活動

 

▽西山芳浩 柔らかい曲線とモール模様が美しいデザート皿と小鉢

 

 ※恐れ入りますが、会期中橋村さん、西山さん作品の購入での
   クレジットカードのご利用は¥5,000(税別)以上からでお願いしております。
※初日は混雑することが予想されます。
  初日のみプレゼント梱包はご遠慮お願い致します。
※なるべく皆様に広く作品が行き渡るよう御一人様、
   橋村さん、西山さん作品合わせて10点まで購入可能とさせて
   頂きますことご了承下さいませ。
 

 

尚、会期前後の8月2・3日と8月12・13日は
準備や片付けの為SHOP営業をお休みさせて頂いております。
ご迷惑をお掛け致しますがご了承の程宜しくお願い致します。
(※上記日程、12日(定休日)以外の日はお電話やメールでのお問合せはお受けしております)

CATEGORY: SIEBEN

TOP

2018/06/21

【暮らしにアートを / LIFE with ART】 Vol.1


【暮らしにアートを / LIFE with ART】

活気と個性あふれるイギリス人アーティスト
ケリー・エッグルトンの世界

 

 

ロンドンを拠点に活動する女流アーティストケリー・エッグルトン。
実際に人物モデルに衣装を着させ撮影。その画像と動物の画像を組み合わせデジタル処理を施し、様々な工程を経てシルクスクリーンでハンドプリントしています。
ハンドプリントならではの風合いと独創的で活気あふれるキャラクターが魅力的な作品です。今回当店インテリアショップ SIEBEN/ジーベンにて販売をスタートしました。

 

 

■The Tiger & Zebra
SIZE:W515×H645×D30mm(額装込み)
PRICE:¥51,000(税別・額装込み)
■The Fox & Wolf
SIZE:W515×H645×D30mm(額装込み)
PRICE:¥51,000(税別・額装込み)

 

上記すべて

SIZE:W250×H595(作品本体)
PRICE:¥28,000(額装別途)/ ¥38,000(額装あり)

 


 

 

 

 


 

製品・販売、取材に関しての問い合わせ

■SIEBEN/ジーベン

〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町10-6
タイプセブンビル1~2F

TEL:03-6416-82356
Mail: info@type-seven.com
WEB SITE:www.type-seven.com/sieben/ 

CATEGORY: DESIGN / ART

TOP

2018/06/12

【新商品発売のご案内】

 

角度、観点、視点を変えるだけでデザインが変わる照明
「Anglight -アングライト-」シリーズ発売

 

 

2003年に設立されたデザインスタジオ・TYPE SEVEN。商空間の設計を中心に、
オリジナルの照明や家具などのプロダクツも展開。
創業15年目の今年6月より、弊社がプロデュースする照明の新ブランド、
「Anglight -アングライト- 」の販売をスタートします。まずは当社の運営する
インテリアショップ「SIEBEN / ジーベン」での先行販売を皮切りに、全国へと
リリースしていきます。

 

-Anglight-  視点を変えることで人生は大きく変わる

 

 

ブランド名
Anglight(アングライト)とは【Angle-角度, 観点, 視点-】+【Light-光-】を組み合わせた造語です。
アームやシェードの角度を調整することでデザインだけでなく、視点・観点も変えられるという考えから名付けられました。

ブランドコンセプト
Anglightは、アームを調整することで自由自在に光を向ける角度や高さに変更が出来るライトです。
位置を変えるために、アーム角度と高さを調整し、またグリップを保持するために強く締め込む必要があるなど、少し手間のかかるランプかも知れません。しかし、こうして「手がかかる」ということは決してネガティブなことではなく、時に魅力的なものでもあると我々は考えています。
視点を変えることで物事の感じ方は大きく変わっていきます。自らの思い描くシーンを光で演出する、そうしてこのプロダクトと永く時間を共にして、時を重ねたランプの姿に何かを感じて頂けるかも
知れません。Anglightには、照明器具としての可変性だけでなく、物事は感じ方で観点、視点も
変えられる、という思いが込められています。

 

Products

 

Anglight _  001 (Chandelier-3arms)

各シェードがトライアングルのように配置されたシャンデリアタイプ。それぞれのアームは自在に角度や位置を変えることができ、お好みの範囲を照らすことができます。また、日本の住宅の天井高に対応できるよう、2パターンのサイズを用意しました。
電源は直付けタイプと引掛埋込ローゼットAタイプに対応できます。
Anglight _  002 (Pendant-1arm)

1灯タイプのシンプルで無駄の無いデザインのペンダントランプ。ダイニングテーブルの上やリビングのローテーブルと組み合わせたり、空間のアクセントとして活躍してくれます。

電源は直付けタイプと引掛埋込ローゼットAタイプに対応できます。

 

Anglight _  003 (Wall lamp-2arms)

 

広い可動域をもつ壁付けタイプ。可動式のシェードとアームにより、自由自在に動かせます。
電源はコンセント仕様となりますが、電気配線工事にて直結仕様に加工頂けます。
※「直結仕様」は壁から電源線を出して、コンセントを介さず 直接器具に繋ぐ仕様です

Anglight _  005 (Wall lamp 1arm)

 

自在にアーム、シェードの向きを調整することができ、リーディングライト、タスクライトとして、また壁に光を当てて間接照明として使うことができます。電源は中間スイッチ付きのコンセント仕様となります。
また、電気配線工事にて直結仕様に加工頂けます。
※「直結仕様」は壁から電源線を出して、コンセントを介さず 直接器具に繋ぐ仕様です
 

 


裸電球が光源でシンプルでありながら、アームの高さや角度を変えるだけでグラフィカルに変化する
壁付けアームランプ。電源は中間スイッチ付きのコンセント仕様となります。
※「直結仕様」は壁から電源線を出して、コンセントを介さず 直接器具に繋ぐ仕様です


 

 


 

Gallery

 

 

 

 

 


 

 

 

製品・販売、取材に関しての問い合わせ

 

有限会社タイプセブン 
〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町10-6 タイプセブンビル3F
担当:五十川 (いそがわ)

TEL:03-6416-8235
Mail:info@type-seven.com
WEB SITE:www.type-seven.com

 

CATEGORY: DESIGN / ART SIEBEN TYPESEVEN

TOP

press release_Anglight

Anglightのプレスリリースを発表しました。詳しくは下記リンク先までどうぞ。

press release_Anglight

CATEGORY: DESIGN / ART SIEBEN TYPESEVEN 未分類

TOP

2018/05/17

【Anglight】アングライトシリーズ入荷しました。

アングライトシリーズが入荷しました。

全5バージョン店頭にディスプレイしております。

下はAnglight_005(Wall lamp -1arm)を色々撮影してみました。

シンプルな構成ですが角度や位置によって見え方が変わる面白いランプです。

こちらは定番商品ではないのですが複数のバージョンを組み合わせてみました。

玄人受けする仕様かもしれませんが、ただの白い壁がアートを飾っているような強さを感じるデザインです。

このように、このアングライトシリーズは色々な見せ方が出来るのが特徴的で面白いランプになります。

 

CATEGORY: DESIGN / ART SIEBEN TYPESEVEN 未分類

TOP

2018/05/14

【New Product:Anglight – アングライトのご紹介】

今回は5月下旬から当店で発売を開始する照明のご紹介です。

インダストリアル感漂うこの【Anglight – アングライト – 】シリーズは、一昔前を感じるアナログ的な意匠と構造は、今の時代では特異な存在感を放ちます。
マットブラックに仕上げられスチールロッド、それらが交差するジョイント金具には、工業的な真鍮グリップが備えられ、これをきつく締め付けることで高さや角度が調整可能です。

商品名:Anglight_001(Chandelier -3arm)

¥280,000

名前のAnglightとは【Angle-角度, 観点, 視点】+【Light-光-】を組み合わせた造語。ロッドやシェードの角度を変えるだけで観点や視点、デザインが変わるという意味合いで名前をつけました。

商品名:Anglight_004(Wall lamp -1arm)

¥100,000

Anglight_003(Wall lamp -2arm)

¥170,000

ロッドを挟むジョイント金具には緩衝材もついておらす、何度も締め付けることでロッドには傷が付き塗装は剥げる。グリップを強く締め込み、ヘッド部の重力に負けない角度と高さに調整する必要があり何かと手間がかかるランプです。
多くの日本製品の様に、消費者からクレームが届かぬよう幾千ものフィルターが掛けられたプロダクツとはかけ離れた製品であることは間違いありません。
しかしながら、デメリットは時に魅力的に映る事もあると我々は考えています。

完璧でないが故の尊さ。このランプと付合う事で、人もプロダクツも完璧でなく、視点を変えることで生き方は大きく変わる。末永く使った先に、経年変化した真鍮パーツ、傷だらけのロッド、自分の人生が刻まれたかの様なランプの姿に哀れみを覚えるのか、もしくは肯定的に捉えるのか、その時になってみないとわからない。

電源はシャンデリア、ペンダントは直付けタイプと引掛埋込ローゼットAタイプに対応。ウオールランプは直付けタイプとコンセントタイプに対応でき、様々な状況でも取り付けできます。

真鍮ソケットはUSA製のPSE取得済みを使用。コードは布製ツイスト、ロッドはスチール製で長さを調整して製作することが可能です。(セミオーダー 3~4week)

※寸法は当店までお問い合わせください。

 

CATEGORY: DESIGN / ART SIEBEN TYPESEVEN

TOP

2018/05/03

【Kago Marche -世界のカゴ- 】


 
毎年恒例、初夏に行うKAGO MARCHE(籠マルシェ)。
今年も世界各国よりカゴが多数入荷しまして本日より開催になります。
開催期間:2018年5月3日(Thr)- 6月16日(Sat)
 
ケニア、ブルキナファソ、モロッコ、バリ、タイ、台湾etc
それぞれの地域の植物を使って現地の女性の手作りで作られています。
春夏の軽やかな装いのお供に!
機能且つインテリアを素敵に見せる籠もあります。
 
尚、GW期間中は本日3日(Thu)と4日(Fri)のみの営業となります。
OPEN:11:00-18:00
7日(mon)より通常営業となります。
皆さまのご来店お待ちしております。
 
Our popup shop”Kago(Basket) Marche” has started from today until June 16th.
They are come from AOTW such as Kenya, Burkina Faso、Morocco, Bali, Thailand, Taiwan etc.
They’re made with local plants and by local ladies hands.
Come feel the summer vibes and find your favorite bag!
Business Day during Golden Week(Public Holidays):
We will open only on 3rd&4th May 11:00-18:00 during GW. Looking forward to your visit.
 

 

CATEGORY: SIEBEN

TOP

2018/03/29

アジアの手仕事展/ Asian Hand Crafts Fair


 
アジアで幼少期を、ヨーロッパで多感な十代を過ごし、
今も旅が好きな私にとってはひとつの空間に東から西のものが
混在することはごく普通のことでした。
また不思議なことに、違うモノが同在すると
お互いの存在意義を認めあうかのように共鳴し
更に新しいハーモーニーを生み出すと思っています。
 
活気に満ちたアジアの街や人々の熱気、蒼々とした森林、
そして美しくて手の混んだ手工芸から、温もりを感じる可愛らしい雑貨まで。
西洋にはない魅力がいっぱいのアジア。
ただ残念なことに今現地でも手間のかかる手仕事は希少なものとなっております。
今展示では、手工芸を得意とする多くの少数民族が住んでいる北タイを中心に
ラオス、インド、バリ、中国、台湾とオーバークロスして
伝統的な手工芸、テキスタイル、籠、アクセサリー
現地のアーティストが古い素材を熱め新たな観点で作られた作品まで
旅に出逢った風景を
皆さんにお裾分けしたいと思っております。
 
開催期間 :4月5日(Thu)〜4月28日(Sat)
11:00-19:00 Sat-18:00
会期中の休:日曜、他 4月14日(Sat)
(※3月31日−4月4日まで準備の為お休みを頂いております)
 

 

CATEGORY: DESIGN / ART SIEBEN

TOP

2018/03/16

内山太朗 個展「春に咲く皿たち」


 

この度念願の内山太朗さんの個展を当店で開催する

運びとなりましたこと嬉しく思っております。
三重県津市を拠点に作陶されている内山太朗さんの作品には
造形美とアンティークにも通じる温かい質感や奥深さがあります。
今回の展示では様々な太朗さんの作品の全容、世界観をご覧頂きたく、
皿を中心にカップ、燭台と様々なデザインをご用意しております。
余寒も和らぎ春めく頃、日々の食卓をあたたかく彩る太朗さんの器を
堪能しに是非いらしてください。
 
【期間】 :2018年3月21日(祝・水) 〜3月31日(土)
11:00-18:00 ( 初日作家在廊 /会期中無休)
※追記:会期は盛況の為3月25日(日)までと早目に終了する運びとなりました
 
【場所】: SIEBEN(ジーベン)
東京都渋谷区元代々木町10-6 type7Bldg 1F
駅:代々木上原駅より徒歩3分/代々木八幡駅・代々木公園駅より徒歩4分
 
※恐れ入りますが、内山太朗さん作品の購入でのクレジットカードのご利用は
¥5,000(税別)以上からでお願いしております。
※初日は混雑することが予想されます。
もし混雑した場合は急遽整理券をお渡しする可能性もございますことご了承下さいませ。
その場合は店内滞在を約30分を目安とさせて頂きます。
※初日のみプレゼント梱包はご遠慮お願い致します。
 
皆様のご来店をお待ちしております。

CATEGORY: SIEBEN

TOP

2017/11/27

Report of Christmas wreath workshop 2017

 
毎年恒例のクリスマス飾りのWORKSHOP、

今年はGREEN&KNOTのさとうゆみこさん(@yumikosatooo)を講師にお招きしてのリース作り、

いつもより早い11月23日の祝日に開催致しました。

 

個人のご自宅のドアに飾る方からお店に飾る方とニーズが色々あった為、

昨年よりΦ約35cmとΦ約45cmの2サイズからお選び頂けるようにしましたが、

今年は大きなサイズを作られる方も多かったです。

フレッシュな針葉樹の香りが部屋中に広がり、皆さん思い思いに

リース作りを楽しんでいらっしゃいました。

当店のWORKSHOPに以前ご参加された事のあるの生徒さんも

いらっしゃり久しぶりの再会を嬉しく思いました。

そして、最後は美味しいCHIOBENを食べながら締めくくりました。
 

 

 

 

 
早速できあがった大きなリースを当店入口に飾り、

今年ももうすぐクリスマスだなと感じつつ、

来年はどんなデザインにしようかな、、、、と早速次回のこと考えながら。(笑)

クリスマスまでの1ヶ月じっくりリースが楽しめるので、

来年もできればまた11月23日に開催したいなと思っております。来年も乞うご期待!
 

 

CATEGORY: SIEBEN STUDIO SIEBEN 未分類

TOP