SPACE DESIGN OFFICEを軸にアンティークShop/スタジオ 'SIEBEN'の運営を通して、
クリエイティブな人の輪の連鎖を作ることを目的とした集団。
デザイン、アート、食、旅などなど、私たちの楽しくも大変な舞台裏を気ままにNEWS&COLUMNにてご紹介。

NEWS & COLUMNS | TYPESEVEN

2017/03/30

blanche etoile表参道/【商店建築1月号】掲載

商業施設専門誌【商店建築2017年1月号】
弊社設計の「blanche étoile(ブランエトワール)表参道店」が掲載されました。
blanche étoileはメイキャップスタイリスト濱田マサル氏の
オリジナルコスメを扱う店舗とメイクレッスン・ルームも併設されています。
表参道店を始め大阪、名古屋と3店舗設計をさせて頂きました。
 
共通デザインとしてブランドのトレードマークの星★を
使用する事のリクエスト以外は
全てコンセプトの違うデザインとなっております。
 
表参道は大理石の白とピンクゴールドを基調にした空間、
商品と同様、軽やかでクリーンなイメージとシンクロさせています。
 
blanche étoile: https://blanche-etoile.com

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN

TOP

2016/11/27

GEA【Renovation Case Study Book2 】掲載

 

全国のユニークなリノベーション事例を特集した雑誌
【Renovation Case Study Book2】(トーソー出版)
弊社設計の山形県・寒河江にある古い石蔵2棟を改装した
ファッション・暮らしの雑貨&食物販・山形蕎麦処とフュージョン料理店の
飲食2店舗からなる複合施設 GEA(ギア)が掲載されました。
 
常に進化しているGEA,
何回かに分けて施工し、今の形になっています。
今回の改装で新しく加わった飲食2店舗、
個人的に蕎麦好きということもあり、初の蕎麦屋の設計はとても楽しくさせて頂きました。
ポイントは「山形に来た」という良い意味で田舎感を出しながら、
世界で戦う佐藤繊維らしいどこかさりげない「新しさ」を感じてもらえる空間にしたいと思いました。
壁は土壁、床は写真だと分かり辛いですが、幅が波打ったフローリングとなっています。
カウンターやパーテーションは一枚板、
椅子はシオジの良い素材感がでるように山形の家具職人さんに製作して頂きました。
 
表紙にGEAのカットが使用されております。
点ではない、「面リノベーション:エリアリノベーション」、
地域活性化につながるリノベーション、また既存建築の利点を生かしながらの
リノベーション代表例として紹介されました。
構想は10年以上前より佐藤繊維、佐藤社長よりお話はうかがっていました。
GEAは少しづつ進化し続けています。また数年後が楽しみです。
 
【CASA BRUTUS WEB】にも新GEAをご紹介頂いております。

お料理の写真も掲載されていますので良かったらご覧下さい。

https://casabrutus.com/travel/28687
 
GEAオフィシャル:http://www.gea.yamagata.jp

 

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN

TOP

2016/03/28

【商店建築Vol.61】 掲載

商業施設専門誌【商店建築Vol.61/2016年3月号】

毎号ある企画コーナー「私のプレゼンテーションメソッド〜デザインをどう伝えるか」に

弊社代表 平山学のプレゼン方法が紹介されました。

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN

TOP

2016/02/06

NERGYエキスポ店 「商店建築」掲載

アパレルブランドJUN × NIKEによる次世代の女性のためのスポーツとファッションが融合したブランド
「NERGY(ナージー)」の店舗設計をさせて頂いておりますが、
この度その大阪エキスポ店が
デザインの専門誌「商店建築(2月号 2016年1月28日発売)」の最新号に紹介されました。

日本人女性のライフスタイルと呼応する、

洗練されたファッションとスポーツの融合したブランドイメージを

店舗デザインに踏襲しております。

NERGY: http://www.nergy.jp

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN

TOP

2014/07/28

【VERY/日曜日の風景】掲載

以前、女性誌「VERY」の連載コーナーにて弊社設計の自邸を紹介して頂きました。

この度、そちらの連載がタイトルはそのまま【日曜日の風景】

1冊の本にまとめられ発売されました。

自邸は専門誌を始め色々な媒体にご紹介頂きましたが

個人的には明るいショットや私どもの生活スタイルも一緒にご紹介頂いた

VERYさんの特集が一番我が家らしさが出ているなと感じております。
自宅集が多数掲載されているので色々と参考になるかと思います。
良かったらご覧下さい。

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN

TOP

2013/12/02

Setagaya Residence

 

弊社が建築のディレクションからインテリアデザインをした

世田谷個人邸の竣工写真をPORTFOLIOにUPしましたので是非ご覧下さい。

http://www.type-seven.com/typeseven/portfolio.html?id=73

 

今回の計画のメインコンセプトは「居心地の良い家」を造るという事です。

光や風と共に視線の抜けを通じて『時間の移ろいをデザインする事』を特に意識しました。

そうしたいつの時代でも人の心が安らぐモチーフは、未来に向かっても時間や季節を積み重ねて、家族の歴史を育む家造りの肝になっていくものと思っています。

 

こうした目に見えないものをデザインするというコンセプトがこの家の大きな構成要素となりました。

家造りはついつい表層に見える形や素材に目が行きがちですが、その本質は目に見えないところに有るという事をこの家を通して伝えたいと思っています。

 

一方で、これをベースに住まい手と一緒にその記憶や原体験を丁寧に呼び起こしつつ、形や素材を昇華させていった成果が竣工したこの家の佇まいに現れました。目に見えない本質的な空間と心が安らぐ素材やデザインの程よい調和とエネルギーがこの空間に宿っています。

住まい手の思いは、いろいろな地域や居心地の体験に基づいて、個性があって魅力的な家を造り上げました。

 

建築、インテリア、家具、植栽、街並、周辺の緑、ガーデン、アプローチ、カトラリー、本、小物、ブラインド、灯りetcは全てがその素材感と共に一体的で繋がっています。

 

この住宅は、見方によってはとても丁寧でストイックにまとまっているようにも見えますし、視点を変えると自由自在かつ奔放にできているようにも見えます。

こうした空間やデザインの奥行き感は、全ての多様な要素がバランスよくミックスされている事によっている処が大きく、それがこの家の存在感を形造っていると言えるでしょう。

 

弊社では、それぞれのライフスタイルを読み解き、家具や仕上げなどのインテリアはもちろん、

プランニングや建具、照明などの建築的要素も同時に計画することでひとつひとつが高め合う、豊かな空間を実現させるお手伝いをしています。

 

新築やリノベーション問わず、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

ちなみに、最新号の雑誌「I’m home」 no.67 2014 January にも掲載されております。

 

 

 

 

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN 未分類

TOP

2012/11/01

「Hanako FOR MEN」 男のインテリア特集

『Hanako FOR MEN』 MOOK本 男のインテリア特集にてSIEBENが紹介されました。

男のインテリア表紙

 

P.094掲載 マガジンハウス / 2012年11月25日発行

 

 

当店はよく店舗用の家具、プロフェッショナルの方用のお店と思われがちですが、

個人の住宅にも活躍できる小物から家具も充実しております。

特にテーブル、照明、ミラー、ラグなどはご自宅用にも人気です。

新入荷のアンティーク鉢、ベルギー製の鉢(現行品)、

ドイツ製ヴィンテージの花器もオススメ!詳しくはこちらから

CATEGORY: PRESS SIEBEN

TOP

2012/10/11

SHUTTER magazine

写真、アート、ファッション、音楽をテーマにした新世代フォトカルチャーマガジン

「SHUTTER magazine Vol.6」にShop SIEBENの商品が紹介されました。

 

 

 

(P.002)

Original Skull stained glass Candle holder

¥18,375/各 (全3色:White / Black / Rainbow)

好評のステンドグラス作家PUCCI氏とのコラボ作のキャンドルホルダー。

すべてハンドメイドです。

 

 

(P.099)

Antique Marie Graphic【15-145】

¥29,400

 

発行/Shutter magazine   発売/サンクチュアリ・パブリッシング

 

CATEGORY: PRESS SIEBEN STUDIO SIEBEN

TOP

装苑 [SO-EN]

いつもStudio SIEBENで展示会を開催して下さる
【MA déshabillé】のデザイナー村田明子さんの紹介ページが
装苑11月号(P.40)に掲載されました。
なんと今回の撮影はSIEBENにて行われ
村田さんのビンテージの服コレクションとアンティーク家具のコラボが

醸し出す濃密な雰囲気がでている写真となっています。

他ページでは村田さんのスタイリングもご覧になれます。

 

 

 

 

 

装苑11月号「文化出版局」2012年9月28日発行

CATEGORY: PRESS SIEBEN STUDIO SIEBEN

TOP

2012/09/04

commons & sense

SIEBENのアンティーク小物たちが雑誌「commons & sense 43号」にて

最新AWのルイ・ヴィトンのアイテムと共に掲載されています。

ユニークなスタイリングが見どころです。

Styling:プロップススタイリスト 島田まふみさん

 

 

 

 

『common & sense 43号』/ 河出書房新社

 

CATEGORY: PRESS SIEBEN

TOP