SPACE DESIGN OFFICEを軸にアンティークShop/スタジオ 'SIEBEN'の運営を通して、
クリエイティブな人の輪の連鎖を作ることを目的とした集団。
デザイン、アート、食、旅などなど、私たちの楽しくも大変な舞台裏を気ままにNEWS&COLUMNにてご紹介。

NEWS & COLUMNS | TYPESEVEN

2014/12/06

CLUB Libera by HARVEST

高円寺に新規OPENするCLUBの内装設計をさせて頂きました。

 

築40年以上の雑居ビル。

オフィスとして使われていた4Fが今回の現場。

 

before

まず注目したのはその古さです。
”歴史を経た躯体の持つポテンシャルを上手く生かす。”ことを意識してデザインしました。

 

before

 

デザインのkeyコンセプトは「60年代のアメリカ、NYの大手広告代理店を

舞台にした海外ドラマ「Mad Men」 に出てきそうな粋な男性陣が好みそうなBAR」 を提案しました。

60年代という独特の時代背景、当時の社会情勢や風俗、

つまり現在のでは社会通念上あまり許される事のない、

勤務中の社内での飲酒、喫煙、男女関係などがもっとスタイリッシュで自由だった頃の

大人の社交場をイメージしました。

 

after

 

 

▲Reception

 

 

 

 

▲一部屋、大人数で入れるカラオケ付きの個室

CATEGORY: DESIGN / ART TYPESEVEN

TOP

2014/10/15

六本木ペントハウス Renovation

六本木の一等地に建つマンション最上階。
東京タワーが美しい眺望の
メゾネット・ペントハウスのリノベーションの設計をさせて頂きました。

 

今回の施主様は実際にそこに住まわれる方ではなく、
マンション全体のオーナー会社様。
長い間借り手がなく空いてしまっている貸し物件を
もっと機能面やデザイン性をあげてなんとか借り手がつくようにしたいと
いうご依頼でした。

 

マンション自体が新しいこともあり、
残念ながらご予算は少なく、
使えるものはなるべく使って最低限の工事に押さえ
どなたにも受け入れ易いデザインであること。「スタイリッシュなアーバンライフを愉しむ」をコンセプトに
費用対効果の高いプランを提案させて頂きました。その一部をご紹介します。

 

◆問題点
・全体的に高級感、デザイン性に欠ける:高い家賃・六本木・ペントハウスに削ぐわない。
・リビングダイニングが細長く段差や大きなスライドドアなどで小分けになっており使い勝手が悪い
・天井高約5M、ガラス張りの部屋、眺望はいいが日中が暑い。

 

【テラス】
玄関入ってすぐの広いテラス、眺望もよく一番の見せ場です。
ただ作り込むには、賃貸の方にとっては費用的に大きな負担。
日中は日当り良すぎて暑く、外に出る場合はオーニングは必需品になります。

 

R▼▼▼
植栽を置いて、ベルギー製のデザイン性の高いアウトドアの家具を
設置しました。こちらオーニング付きで、
オーニングはワンステップで折りたたむ事が可能な便利なものを選定。
これで休日は友人をよんでBBQなんかもできそうですね。

 

 

【リビング・ダイニング】
リビングダイニングは全体的に縦に長い細長い作り。
奥には天高約5mある全面窓ガラスになっている部屋があります。
ただ部屋が狭いにも関わらず奥の吹抜け部分には2段の段差、
他にもこげ茶色の大きな仕切りがあったりと
部屋が小分けになっており使い勝手が悪い。
日中は日差しが強い為、オフィス用の安価な白い金物のブラインドが備えつかられていました。

 

 R▼▼▼
段差や仕切りを無くし、そのことにより開放感がうまれ、住まわれる方によってどちらにリビングソファ、ダイニングにでもできるようTV用のジャックも増やしました。
大きな躯体柱や、壁にブリックを貼り、素材感を出すことにより空間にリズムを出しました。
既存オフィス用のブラインドを外し、
落ち着いた雰囲気の茶色いウッドブラインド(電動)に変更し高級感を出しました。

 

 

 

 

【水回り】
デザインで一番差がつくのは水回りです。
ただ水回りは一番費用がかかる所でもあります。
使えるものは生かしながら、全体的な印象を変わるようにしました。
1Fトイレ:【既存】照度が低く、天板、壁、床も茶色づくめだったこともあり、全体的に暗い印象。
 
【R▼▼▼】既存の四角いミラーを大きな丸形(内照式)に変更。
ストック部分はそのまま利用し天板のみ白いコーリアンに。
壁はデザイン的なアクセントと水汚れが付き添うな部分のみ薄いグレーの色付きの壁紙に変更。
結果、軽やかさでモダンな印象のトイレになりました。

 

2F洗面所:プライベート空間に近い水回りは
顔を洗うことを考えると高さが低くかったので全体的に50mmあげ使い易くしました。
全てただの白壁紙の壁も1面のみタイルに変更。
水栓は壁から持ち出しのタイプに、洗面台、タオルバーもそれに合うデザインに変更したことによって
全体的に地味だった洗面所もシンプル且つ、清潔感を感じるスタイリッシュな印象に変わりました。

 

 

▲2階洗面所
 

▲1Fトイレ
 

竣工後、早速借り手が見つかったそうです。
既に今はどたなたかをお住まいになり、
素敵なアーバンライフを愉しんでいられることでしょう。

 

 

CATEGORY: DESIGN / ART TYPESEVEN

TOP

2014/07/28

【VERY/日曜日の風景】掲載

以前、女性誌「VERY」の連載コーナーにて弊社設計の自邸を紹介して頂きました。

この度、そちらの連載がタイトルはそのまま【日曜日の風景】

1冊の本にまとめられ発売されました。

自邸は専門誌を始め色々な媒体にご紹介頂きましたが

個人的には明るいショットや私どもの生活スタイルも一緒にご紹介頂いた

VERYさんの特集が一番我が家らしさが出ているなと感じております。
自宅集が多数掲載されているので色々と参考になるかと思います。
良かったらご覧下さい。

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN

TOP

2014/05/22

INTERIOR COLLABORATION with ” TYPE SEVEN”

TYPE SEVEN が住まいの理想のインテリアづくりをサポートします。

 

扉を開けた瞬間から、美しさだけでなくドラマを感じさせる住まい。

陰影のある空間に配された家具や照明、ファブリック、アート…。そこにある様々なものが響き合い、住まいの魅力をつくりだします。

人それぞれ生き方が異なり、多様なファッションのスタイルを楽しむように、住まいにおいても「自分だけの個性を表現したい」と思ったことはありませんか?

住み手のライフスタイルと感性を反映した空間には、穏やかな空気が流れ、いつまでも過ごしたくなるような心地よさがあります。そんな住まいを手に入れるには、建築だけでなくインテリアの質を高め、時を経るごとに愛着が増す唯一無二の空間づくりが求められます。

建築とインテリアの両面から住まいを捉え、それぞれの専門家が役割を分担しながら、住み手と共に理想の空間に仕上げていく。そんな濃密な空間づくりの一端を担うべく、住まいのインテリアデザイン事業がスタートしました。手掛ける内容は多岐に渡ります。例えば、家具のセレクトを始め、壁や床の素材から小物やファブリックに至るトータルコーディネートまで、要望に合わせて対応。住み手のライフスタイルとクオリティーの高い建築にふさわしいインテリアデザインを提案することで、トータルに美しい住まいの実現を目指しています。

住まいの在り方は、ひとつひとつ異なるもの。どのような空間が自身に合うのか分からない、という方もいるかもしれません。そんな方にこそ、広い視野から客観的に提案する弊社のサポートが役立つと考えています。新築やリノベーション問わず、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

TYPESEVEN/タイプセブン

 

 

CATEGORY: DESIGN / ART TYPESEVEN

TOP

2013/12/26

SIEBEN 年末年始の休業のお知らせ

早いもので年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
 
SIEBEN 年末年始の休業のお知らせ
12月27日(金)~1月5日(日)までの間
休業させて頂きます。
 
年始は1月6日(月)14時~20時より営業、
7日以降は通常通り11時~20時まで営業致します。
期間中はご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い致します。
 
では来年も引き続きご愛顧賜りますよう、
宜しくお願い申し上げます。
 
SIEBENスタッフ一同

CATEGORY: SIEBEN STUDIO SIEBEN TYPESEVEN

TOP

2013/12/02

Setagaya Residence

 

弊社が建築のディレクションからインテリアデザインをした

世田谷個人邸の竣工写真をPORTFOLIOにUPしましたので是非ご覧下さい。

http://www.type-seven.com/typeseven/portfolio.html?id=73

 

今回の計画のメインコンセプトは「居心地の良い家」を造るという事です。

光や風と共に視線の抜けを通じて『時間の移ろいをデザインする事』を特に意識しました。

そうしたいつの時代でも人の心が安らぐモチーフは、未来に向かっても時間や季節を積み重ねて、家族の歴史を育む家造りの肝になっていくものと思っています。

 

こうした目に見えないものをデザインするというコンセプトがこの家の大きな構成要素となりました。

家造りはついつい表層に見える形や素材に目が行きがちですが、その本質は目に見えないところに有るという事をこの家を通して伝えたいと思っています。

 

一方で、これをベースに住まい手と一緒にその記憶や原体験を丁寧に呼び起こしつつ、形や素材を昇華させていった成果が竣工したこの家の佇まいに現れました。目に見えない本質的な空間と心が安らぐ素材やデザインの程よい調和とエネルギーがこの空間に宿っています。

住まい手の思いは、いろいろな地域や居心地の体験に基づいて、個性があって魅力的な家を造り上げました。

 

建築、インテリア、家具、植栽、街並、周辺の緑、ガーデン、アプローチ、カトラリー、本、小物、ブラインド、灯りetcは全てがその素材感と共に一体的で繋がっています。

 

この住宅は、見方によってはとても丁寧でストイックにまとまっているようにも見えますし、視点を変えると自由自在かつ奔放にできているようにも見えます。

こうした空間やデザインの奥行き感は、全ての多様な要素がバランスよくミックスされている事によっている処が大きく、それがこの家の存在感を形造っていると言えるでしょう。

 

弊社では、それぞれのライフスタイルを読み解き、家具や仕上げなどのインテリアはもちろん、

プランニングや建具、照明などの建築的要素も同時に計画することでひとつひとつが高め合う、豊かな空間を実現させるお手伝いをしています。

 

新築やリノベーション問わず、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

ちなみに、最新号の雑誌「I’m home」 no.67 2014 January にも掲載されております。

 

 

 

 

 

CATEGORY: PRESS TYPESEVEN 未分類

TOP

2013/09/02

世田谷・個人邸竣工

世田谷の閑静な住宅街。敷地延長という四方囲まれた悪条件からのスタートでした。
ただし、左隣が区営住宅の庭と私道になっているので実質角地のようなユニークな土地でもあります。

プライベートをある程度守りつつも、なるべく光を建物内に取り込み開放感を感じたい。
そして借景をうまく利用し、建物内にいてもあふれる緑を感じられる空間を目指しデザインしました。

 

デザインのコンセプトは「癒し」と「表情豊かな家」。
施主の幼少期からの海外生活での思い出と旅好きということもあり、どこの国とは特定できない素材選び、
デザイン要素を組み込みんだことで、一日の時の経過と共に様々な表情を見せる邸宅になったと思います。
 
設計・インテリアコーディネート:TYPE SEVEN

設計協力:ハル・アーキテクツ 施工:栄伸建設 照明:DAIKO 植栽:FUGA
TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

TYPESEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

CATEGORY: TYPESEVEN

TOP

2013/08/09

niko and…香港V-city店 OPEN!!

弊社が空間デザインを手がけているniko and…。

 

最新店の香港・屯門の中心地にあるV-city店が8/1にグランドオープン致しました。

 

洋服、雑貨、インテリア。バラエティー豊かな楽しいお店になっております。

香港に行かれる際に是非覗いて見てください。

 

 

 

CATEGORY: TYPESEVEN

TOP

2013/08/08

納品事例のご紹介

建築設計事務所とタッグを組んで、弊社が内装設計とトータルディレクションをしたご自宅に

リプロダクションシリーズのサイドボードを納品致しました。

インダストリーな家具をワンポイントで使うと全体が引き締まる感じがします。

 

商品の詳細はこちらから。

 

こちらの物件の詳細の報告はまた後日お知らせいたします。とても素敵に仕上がりました。

弊社では個人邸の新築、リフォームの、内装設計とトータルでディレクションしております。

是非お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

CATEGORY: SIEBEN TYPESEVEN

TOP

2013/01/31

Leaf cafe&dining OPEN!!

 

弊社が内装設計を担当しました「Leaf cafe&dining 」が1月29日にグランドオープン致しました。

 
恵比寿駅西口から徒歩3分ほどの好立地!

 

でも、初めて現場調査に行った際は悲惨な現場の状況に唖然。

 

前の借り主が夜逃げした店舗はお酒も食器も、冷蔵庫には食材までもが残っている状態。

床やテーブルの天板はベトつき、

夜逃げに決断させる最後の状態はこんな雰囲気なのだと初めて実感しました。

 

  

でも、そんな状況から限られた予算で生まれ変わらせるのが我々の使命。

 

オーナー橘氏とのヒアリングも重ね、再利用出来る所は潔く利用、

アイデアを出しながらコストバランスの良い、

以前のお店の印象を一新したクリーンで、女性が一人でも気軽に来れる空間を目指しました。

 

 

 

そして、約3週間ほどの施工期間を経て無事に完成。

 

 
 
 
 

[施工前]
[施工後]

 
 
 
 

[施工前]

 
[施工後]

 


 
 
 
 

[施工前]

 

[施工後]

 
 
 
 

[施工前]

 

チェアは既存の物を張り替えて使用。ファブリックの切り替えや太いステッチ、スタッズで特徴をつけました。

 
[施工後]


 
 
 
 
[施工前]


 
[施工後]

 
 
 
 
[施工前]


 
[施工後]

皆様、近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

DJブースもありますのでpartyなどのイベントご利用にもオススメです。

==============================

「Leaf cafe&dining 」

渋谷区恵比寿南1-9-10  2F/3F

tel:03.3713.6860

 

Open hours:

Mon – Thu:12:00 – 23:30

Fri & Sat:12:00 – 翌4:00

Sunday  :12:00 – 22:30

==============================

CATEGORY: DESIGN / ART TYPESEVEN

TOP