SPACE DESIGN OFFICEを軸にアンティークShop/スタジオ 'SIEBEN'の運営を通して、
クリエイティブな人の輪の連鎖を作ることを目的とした集団。
デザイン、アート、食、旅などなど、私たちの楽しくも大変な舞台裏を気ままにNEWS&COLUMNにてご紹介。

NEWS & COLUMNS | TYPESEVEN

2013/02/18

ことりっぷ@三浦半島

先日、休日を利用して日帰りで三崎(三浦半島)にマグロを食べに行ってきました。

 

 

TYPESEVEN SIEBEN タイプセブン ジーベン

 

 

                                                     
マグロの色々な部位を使った創作料理が食べられる「くろば亭」へ。
マグロの髄の刺身や、マグロのクリームコロッケなどなど。普段食べれない物をチョイス。
                                                           
TYPESEVEN SIEBEN タイプセブン ジーベン
                                                     
「くろば亭」
神奈川県三浦市三崎1-9-11
tel:046-882-5637
                                                                                                                    
食後は城ヶ島へ。風が少し強かったですが久しぶりの海は気持ちよく、きれいな夕焼けも楽しめました。            
TYPESEVEN SIEBEN タイプセブン ジーベン
                                                           
TYPESEVEN SIEBEN タイプセブン ジーベン
                                                           

 

 

都内から車で1時間半ほど。

おすすめのショートトリップです。

CATEGORY: FOOD TRIP

TOP

2013/02/14

しろいくろ

『しろいくろ』

 

この何とも意味深な名は

弊社代表、平山の友人でもある大縄順一氏が

麻布十番にOPENした和菓子屋さんの名前です。

 

タイプセブン ジーベン TYPESEVEN SIEBEN

 

『しろいくろ』は丹波黒豆を使ったお菓子やお茶を販売しています。

一押しは何と言っても大福!

その他にも黒豆を使用したロールケーキやアイスもあります。

手土産で持っていくのも良し、

店内には大きなベンチがあるのでEAT INもできます。

 

黒豆茶をオーダーすると、中に大きな丹波黒豆が

入っていて食べると栗のような優しい甘みが何とも美味です。

 

古い民家を改装したお店も素敵なので、お近くにお寄りの際は是非お立ちより下さい。

18時以降は「ナノハナ」という店名でBARとしても営業しているとのこと。

次回はそちらにもお邪魔したいと思います。

 

しろいくろ

東京都港区麻布十番2-8-1

TEL:03.3453.7225

OPEN: 10:00 – 18:00 (不定休)

 

タイプセブン ジーベン TYPESEVEN SIEBEN

 

タイプセブン ジーベン TYPESEVEN SIEBEN

 

CATEGORY: FOOD

TOP

2012/05/28

中国出張 グルメ編

さて、今回はグルメ編。

海外出張は気分的にも、時間的にも観光はほとんど出来ません。

唯一楽しみなのが街の景色と食事です。

 

 

瀋陽。

 

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

 

 

原味齋。

北京(瀋陽)ダックの有名店。

 

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

 

更に炒飯も頼んで全部で¥2,000。

さすが地方都市。安すぎ。

 

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

 

 

新宿にも支店がある老辺餃子館。180年の歴史をもつ老舗。

ここはもちろん餃子。

 

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

初日の夕食だったため、調子に乗って頼み過ぎた。

 

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

 

 

 

上海。

 

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

 

田子坊で偶然出会ったカフェ。

スタッフたちと小休止。

 

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

 

 

 

 

CATEGORY: FOOD TRIP TYPESEVEN

TOP

2012/05/01

GWバーベキュー

さあ、いよいよGWに突入です。
 
年明けからずっと忙しかったので弊社屋上で、
スタッフ皆とバーベキューパーティーを楽しみました。
 

 

 
実は東京タワーもちょっと見えます。
 

 
いつもお世話になってる、業者さんや、カメラマンさんも

参加頂き、気兼ねしないとても楽しい会になりました。
 

 
この時期のアウトドアパーティーは本当に気持ちよいですね。
GW中は晴れたり、雨だったりするようですが
皆様、素敵なお休みをお過ごしください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
※誠に勝手ながら、ゴールデンウィーク中の営業日を下記の通り変更させて頂きます。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。
 
・5/1 (火)11:00-20:00
・5/2 (水)11:00-20:00
・5/3 (木)休業
・5/4 (金)休業
・5/5 (土)11:00-19:00
・5/6 (日)休業
 

CATEGORY: FOOD OTHERS TYPESEVEN

TOP

2012/04/01

フランス買付けの旅①

毎年恒例のS/S(スプリング&サマー)の新店オープンラッシュも一段落。
大きな納品も無事に終え、そろそろ買付けに行くタイミングだ。

 

今回は目的地をフランスとドイツに決定。いつもよりちょっと長い16日間の長旅。

まずは最初の目的地パリへと向かった。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

 

到着間際、機内からとても綺麗な夕焼けを見る事が出来た。

否応無しに納得させられる天空の夕焼け。

 

 

 

 

そして、パリへ到着。

ホテルはマドレーヌに程近い、「Hotel Du Ministere」。

 

正直泊まりたいホテルはパリにはたくさんあるのだが、東京と同じで金額が・・。

買付けに来てる身分としては、パリはホテルで悩まされる。

 

 

ということで、コストパフォーマンスを考えて決めた当ホテル。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

 

感想としては正直、可も無く不可も無くといったところ・・かな。

 

 

さて、気を取り直し初日はパリ市内をリサーチへ。

サンジェルマン、マレ付近を中心に見て回った。

 

途中、ランチで立ち寄った人気ビストロ「Le Comptoir」。

初めて来たがオープン15分前にこの行列。噂には聞いていたが予想以上の人気。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

 

料理はガッツリ、ガツン系のビストロ料理。

前菜のウッフマヨネーズ(5ユーロ)、美味しかった。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

 

 

全体的に塩気が強めだが、おいしかった。

でも、ここのお店は絶対お腹空かせて行った方がいいですよ。頼み過ぎも要注意。

 

 

さて、お腹も充分満たされ再びリサーチ。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

 

 

去年11月にできた、フィリップ・スタルクがデザインしたホテルへも。

「Le Royal Monceau」ラッフルズ系のホテル。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

 

 

パリの有名セレクトショップL’ECLAIREURの新店も併設。

今までの店舗とは違い、ホテルに合わせた大人っぽいイメージに。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

 

 

コンコルドの駅にはこんなタイルが貼られてた。

日本のパブリックのデザインはかなり遅れてると思う。

これくらいの遊び心が普通に欲しいよね。

 

TYPE SEVEN/タイプセブン/SIEBEN/ジーベン

CATEGORY: DESIGN / ART FOOD SIEBEN TRIP TYPESEVEN

TOP

2012/02/27

代々木上原「Chioben」のお弁当

最近雑誌で知って、初めて買った「chioben」のお弁当。

こういうお弁当屋さんを探していました。会社からも歩いてすぐ。

身体に優しくて、とても美味しい。

 

今日のメニューは

豚ロース酢醤油・ヤリイカエリンギ炒め・さつまいもの春雨オクラと春菊ソース。

etc…

 

おかずはもちろんですが、ご飯がツヤツヤしてて、ほっこりうまい。

しかも、仕切りは一切無いのに味が嫌な感じに混ざらない。

 

素晴らしいバランスセンス。

 

 

いつも日替わりメニューになってて、「カームス」というBARをお昼間借りして

やられているそうです。

 

お弁当を注文すると、このカウンターのお惣菜をお弁当につめてくれて、

春巻きは揚げたてを作ってくれます。

 

 

ヘビーローテーション必至。最高のお弁当屋さんを見つけました。

代々木上原は昼も夜もほんといいとこですよ☆

 

Chioben@代々木上原
店頭での販売:月〜金 12:00-15:00(売切れ終了)
場所:Barカームス 渋谷区上原1-18-7

 

↓ちなみにケータリングもやられているそうです。

http://chioben.ko-me.com/

CATEGORY: FOOD

TOP

2011/10/10

デザインとおとぎの国、デンマークへ

ロンドンに別れを告げ次に向かうは、今回の旅の最終目的地、北欧デンマーク•コペンハーゲン。

北欧の冬は寒く、長くて暗い。
そんな物悲しい冬を快適に楽しく暮らすため、伝統的にインテリアにこだわりを持つ北欧の人々。
ヤコブセン、ウェグナーなど、巨匠と言われるデザイナーの家具が1950年代に量産化され、一般家庭にもデザイン家具が急速に普及したことも、そのセンスがさらに磨かれる理由になった。
いわゆる家具としての北欧デザインの歴史は他のヨーロッパ諸国の歴史に比べるとまだまだ浅いが、親から受け継いだデザイン家具やインテリアセンスを活かしながら、その受け継いだ家具に色を塗り重ねリメイクしたり、椅子の張地を変えて部屋のアクセントにしたり、それぞれのライフスタイルに合わせて家具と共に暮らしている。
そんな家族にまつわるストーリーが感じられるのが北欧家具の素晴らしいところだ。
そんなストーリーに直に触れてみたくデニッシュデザインの国デンマーク•コペンハーゲンに降り立った。

大小400以上の島々からなるデンマーク。ここコペンハーゲンも多数の運河がある港町。運河沿いには中世から建つカラフルな石造りの建物がならび、一階はカフェやレストランになっている。どの店も可愛い店構え。特に看板が面白い!

街の中には普通にポール•ヘニングセンのHP5ランプ。
古い建築とも違和感なくマッチング。

初日はホテルへチェックインを済ませ、足早に向かったのはアンティークマーケット。
翌日はアンティークディーラー周り。

こんなゴミだめのような中に掘り出し物が眠っていたりする。

磁器のタイルが埋め込まれたテーブル。こういうデザインがデンマークらしくてかわいい。

結局、60年代の花瓶や照明を数点購入。
買い付けが終わる18時前には
ほとんどの店が閉まるので、早めのディナーに向かう。
初日の夜はコペンハーゲン版ミート•ディストリクトのオシャレ地区にある「Pate Pate」。
内装にあまりお金をかけていないが随所にセンスの良さが感じられる。

ワインボトルにキャンドル。
しかも手書きのナンバリング。
こういう、なんてことないセンスが大事なんだよなあ。

ヨーロッパ全般にそうだが、キャンドルを灯す飲食店は多い。その中でも特にデンマークは多く感じた。ロンドンやパリのような大都市と違い薄暗い空の存在が大きいぶん、沢山の温かいキャンドルの演出が、寒い外を行き交う人々に店に入りたくなる気持ちにさせる。
キャンドルの光りの中での食事。天井に照明はなく、最小限の白熱球のみ。かなりイイ雰囲気だ。

さて、肝心の食事。北欧ときたらやっぱりサーモン。
脂ののったスモークサーモンは薄くスライスされた中に歯ごたえがあってウマい。
日本で食べる薄いサーモンでウマいと思ったことは無かったが、旬でもあるが、やはり本場は違うということ?

メインは牛の背中の肉のグリル。これもうまかった。
日本のガイドブックや、雑誌には一切載ってないのでオススメ。
デンマーク、数日過ごしたが、食事はなかなかやるぞという印象。素材がいいこともあるが、フュージョンやガストロノミック料理も流行っている。

お腹も満腹になり、ワインでももう一杯といきたいところだかが、ホテルに帰って仕事仕事‥。
出張中は毎日メールで送られてくるスタッフからの日報や進行中のプロジェクトの返事で毎日夜と早朝は仕事の時間。
だから意外にもホテルに戻る時間は早いのだ‥。
でも夜の楽しみが少ないコペンハーゲンにはちょうどいい。
さてホテルへ戻ろう!

CATEGORY: DESIGN / ART FOOD SIEBEN TRIP

TOP

2011/08/12

蕎麦屋散策 その2

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな暑さを和らげる最近休みの日のお気に入りの蕎麦屋を紹介。

中目黒の目黒川沿いにあるオシャレお蕎麦屋さん「東京 土山人」です。

厳密には中目黒駅からも、池尻からも近くはなく、

ちょうど人通りが少なくなったぐらいの地下になります。

今の時期頼むのは、写真の”“冷やしかけすだち蕎麦“ともろもろ付け合せ。

見た目も涼しげでのど越しがいいです。

店内奥は蕎麦屋さんには珍しいラウンジスタイル。

地下なので、吹抜けの庭がありお酒の飲みながらゆっくり過ごせる感じです。

蕎麦はもちろん自家挽き。

しかも細挽き、粗挽き、変わり蕎麦、太切りの4種類に打ち分けているようです。

こちらの拘りは蕎麦だけなく、空間、特に器が素敵です。

いろんな作家に特注で頼んでいるようで、いつも器を愛でながら蕎麦を愉しんでいます。

お近くに立ち寄りの際は是非!

------------------

◆東京 土山人

東京都目黒区青葉台3-19-8 CRASSULA青葉台 B1

TEL: 03-6427-7759

http://www.geocities.jp/tokyodosanjin/

------------------

CATEGORY: FOOD

TOP

2011/06/18

初夏の伊豆

リーマン・ショックから続き、災害と暗い話題ばかりの日本ではありますが、

張りつめてばかりの毎日では次に進むための元気が湧いてきません。

ここらで少し一休みをしようと、6月の初夏を楽しむべく

週末、東京の喧騒を離れ、沼津から中伊豆・東伊豆へ行って参りました。

まずは沼津にて昼食。沼津といえば沼津港!

天気が少しぐづついていましたが

相変わらず不動の人気の丸天にて食事。混んでました。

人気の秘密は全てが豪快!丼ものはφ280くらいはあります。

つい沢山注文して、食べきれません。

——————————————-

魚河岸 丸天

静岡県沼津市千本港町114の1
TEL:055-963-0202

OPEN:7:30AM~9:30PM

http://www.uogashi-maruten.co.jp/

——————————————–

実は6月は待ちに待った季節。

菖蒲、蛍観賞、金目鯛、温泉。

つまり美しい景色、風情のある湯、そして美食。

全てが6月に伊豆で堪能できるからです。

今回の宿は隠れ家的宿の石田屋。

静かにゆっくりできました。

夜、蛍は宿のお庭で見れました。

天気が良かったらこの季節もっと見れたでしょう。

温泉も各部屋ついており、菖蒲湯が愉しめます。

——————————————-

石田屋

静岡県賀茂郡河津町谷津226

TEL:0558-32-1001

http://www.ishidaya.com/

——————————————-

以前宿泊した中伊豆の「白壁荘」もお勧めです。

多くの文豪が投宿したことでも有名。

巨石や巨木を切り抜いた温泉がいいです。

最後は帰りの道中、熱海の来宮神社にて参拝。

ご神木の「大楠」は樹齢2000年を超え、

環境省の調査で全国2位の巨樹の認定を受けているそうです。

ご神木を1周すると寿命が1年延命。もしくは願い事が叶うと言われているようです。

こちらの神社はパワースポットとしても知られていて、

大楠の直ぐ横にせせらぎがあり、なんとなくですがいい気が流れている気がしました。

蛍は6月が全盛期ですが、7月の初旬まで愉しめます。皆さんもどうぞ。

CATEGORY: FOOD TRIP

TOP

2011/03/19

枝魯枝魯ひとしな @ 京都

京都の物件の引渡しが無事終了。

先日OPENした河原町にあるお店もチェックしてきました。

すでにこの時点で18時。素直に東京帰っても中途半端な時間だなあ

ということで、帰る前にちょっと食事にでも行く事に。

設計担当者のスタッフも連れて「枝魯枝魯ひとしな」へ行ってきました。

 

TYPESEVEN,SIEBEN,タイプセブン,ジーベン

 

ここは、Parisにも支店があるお店です。

行った事はないのですがParisは高級割烹ということを売りにして

結構値段がはるとのこと。

でもこちらは安心。月替わりコースのみで¥3680。これで10品程度出てきます。

くずし割烹を売りに、スタンダードではない創作的なメニューの数々。

普通の味で、京都だからこの値段?というお店がはびこる中で、

この金額でこの内容ならいいのではないでしょうか。

若い人には逆に楽しいと思う。

 

TYPESEVEN,SIEBEN,タイプセブン,ジーベンTYPESEVEN,SIEBEN,タイプセブン,ジーベン

TYPESEVEN,SIEBEN,タイプセブン,ジーベンTYPESEVEN,SIEBEN,タイプセブン,ジーベン

 

 

枝魯枝魯ひとしな
(ぎろぎろひとしな)

京都市下京区西木屋町下る難波町420-7(最寄駅 京阪五条駅)
Tel 075-343-7070
営業時間 17:30〜24:00(LO/23:00)
定休日 日曜日・月曜日(ただし日曜はたまに営業してるそうです)
URL:http://www.guiloguilo.com/

CATEGORY: FOOD

TOP