SPACE DESIGN OFFICEを軸にアンティークShop/スタジオ 'SIEBEN'の運営を通して、
クリエイティブな人の輪の連鎖を作ることを目的とした集団。
デザイン、アート、食、旅などなど、私たちの楽しくも大変な舞台裏を気ままにNEWS&COLUMNにてご紹介。

NEWS & COLUMNS | TYPESEVEN

2018/11/19

6名の陶芸家による「MUG + 展」

 

 

 

 

 

 

 

 

11:00 – 18:00
( 初日の8日のみ12:30 – 19:00 )

 

 

本田 あつみ               根本 幸一
ヤマシタ マユ美       河上 奈未
タナベ ヨシミ           戸田 文浩 

 

 

 

秋も深まり肌寒くなりました。
コーヒーやハーブティーなどあたたかい飲み物がほっとする季節になりました。

当店では今年も12月に「MUG + 展」を開催いたします。

いくつあっても楽しいMUG、自分用、大切な方への喜ばれるギフトとして

作風が異なる6名の陶芸作家によるMUG + 素敵なモノ。
昨年のMUG展より進化した「MUG + 展」。
MUGのご用意の他に、各作家ごとにお茶の時間に合うもの、花器、
作家各々皆さんに喜んで頂けるよう様々な作品をご用意しております。
クリスマスマルシェのように各作家の作品を組み合わせたり
愉しんで頂ければ幸いです。

 

 

 

■ 本田 あつみ / ATSUMI HONDA

愛知県西尾市生まれ
1988 名古屋造形芸術短期大学卒業
1997 愛知県立瀬戸窯業陶芸専攻科修了
1997 笠間にて独立
 ・
アンティークを彷彿させるような柄や細工、自由な色使いが魅力。
繊細なレリーフの作品から、古墳をイメージした土感ある力強くもミニマルな作品と表現力豊で
見る者をいつも楽しませてくれます。
今回色々な種類の作品を出展頂く予定ですのでお楽しみに。

#本田あつみ

■ 根本 幸一 / KOUICHI NEMOTO
 ・

1972 茨城県生まれ

2012 茨城県工業技術センター窯業指導所修了
以降様々な賞に入選
2012 茨城にて築窯
 ・
心に染み込むようなが美しい色使いはまるで皿の中の小宇宙。それは手間を惜しむ事無く幾重にも重ねられた釉薬が織りなす色のグラデーション。
今回の企画展ではフランス人画家、オディロン・ルドンの晩年の作品のように、少し毒気を忍ばせた淡い色合い釉調の美しさを表現されたそう。
蕾から今咲こうとしている花をスローモーションでみているようです。
■ ヤマシタマユ美 / MAYUMI YAMASHITA
 ・

1998 文化服装学院メンズデザインコース卒業

2012 ファルマス大学(イギリス)
コンテンポラリークラフト科を首席で卒業
現在 香川県の海沿いの町で作陶
日本の浮世絵やテキスタイルからインスピレーションを受けた柄と色合いや、木版画のような掠れたテクスチャーが特徴。
イギリスで陶芸を学んでいたことから、日本人としての和をベースを持ちながら洋のモダンさが融合した美しさ、日常使いでありながら温かくシックな作風は海外でも評価が高い。
#ヤマシタマユ美
■ 河上 奈未 / NAMI KAWAKAMI

1993   京都市立芸術大学美術学部工芸科
陶磁器専攻卒業
現在、京都市左京区にて作陶

“手びねり”という技法で、ひと指ひと指形づくる指あとから温もりと優しさが作品全体に醸し出されます。
白いアイシングのような少し透け感のあるマットな釉薬や紙型でつくる型押しが特徴。
今回は白の他に、写真の様な美しいターコイズとブラウンの作品も多数出品予定です。

#河上奈未

 

 

■ タナベ ヨシミ / YOSHIMI TANABE

1967   鹿児島県生まれ
東京純心女子短期大学デザイン科卒業
1996   陶芸工房パオ設立
2006   那珂川に移転し作陶
頭の中を指先だけで形にする手びねり作家。誰も真似できない唯一無二な世界観が多くのファンを魅了。器ひとつひとつに物語を感じ、使い手がその物語に引き込まれるかのように日々の暮らしにアクセントを与えてくれる作品です。
#タナベヨシミ
■ 戸田 文浩 / FUMIHIRO TODA

東京都立大学卒

会社員経験後、多治見工業高校専攻科卒
以降様々な賞に入選

2005年から埼玉県所沢市で作陶

アンティークのような温かい表情のある白を基調に、飽きのこないシンプルなデザインと使い勝手など絶妙に考えられた美があります。
心地良さや暮らしに寄り添う優しさが感じられる作品です。

#戸田文浩

 

 



MUG + 展
本田 あつみ    根本 幸一
ヤマシタ マユ美  河上 奈未
タナベ ヨシミ   戸田 文浩

2018.12.8 Sat — 21 Fri  11:00 – 18:00
( 初日の8日のみ12:30 – 18:00 )
※恐れ入りますが、会期中において展示会対象作品の購入でのクレジットカードの
ご利用は¥5,000(税別)以上からでお願いしております。
※初日は混雑することが予想されます。
初日のみプレゼント梱包はご遠慮お願い致します。
 ・

尚、会期前後の12月6・7日、12月22日~年始はSHOP営業をお休みさせて頂いております。
ご迷惑をお掛け致しますがご了承の程宜しくお願い致します。

(※上記のお休み日程内(年末年始を除く)はお電話やメールでのお問合せはお受けしております)

CATEGORY: SIEBEN 未分類

TOP

2018/11/16

New Arrivals | Folkloreな冬

 

 

 

 

平素より【SIEBEN / ジーベン】をご愛顧いただきましてありがとうございます。
 この度、秋冬のインテリアにオススメなクラフトアイテムが
入荷いたしましたのでご紹介いたします。

 

 

 


neulo / くまがい みさこ

 

手織り機を使った独自の手法で制作されたタペストリーが入荷致しました。

世界各地から集められた希少な毛糸や羊毛、ヴィンテージの毛糸に加え、リネンやオーガニックコットンなど使用した独自の手法で制作されたタペストリーはインスパイアーされたというヴィンテージのwallhangingのフォークロアなテイストを感じつつも作家の人柄を表すかのように、温かく透明感さえを感じます。

 

 

 

about くまがい みさこ / Misako Kumagai

2014年、ブランド「neulo(ネウロ)」をスタート。
ヴィンテージの毛糸を使い、ひとつひとつ手織り機で丁寧に編み上げていくハンドメイドのタペストリーに注目が集まり、各地でポップアップストアを開催。

 

 


 

 

 


Native American Crafts

先日アメリカ南西部を旅して買い付けてきたネイティブアメリカンによって作られた
ハンディークラフトも入荷しました。
優れた発想力から生まれたナバホ族の籠プレート、ピースパイプ、アコマ族のポタリー
などがございます。

CATEGORY: DESIGN / ART SIEBEN

TOP

2018/11/14

【12 / 2 (Sun):クリスマスリースWORKSHOPのご案内】

【12/2 (Sun):クリスマスリースWORKSHOPのご案内】

今年もフラワー・グリーンアーティストのさとうゆみこさんを講師にお迎えして当店にてクリスマスリースのWORKSHOPを開催致します。

@yumikosatooo

ここ数年ユーカリなどの常緑樹を使ったクリスマスリースが続き、
リピーターの生徒さんもいらっしゃいますので
ゆみこ先生にお願いして今年は「大人のホワイトリース」のWORKSHOPになります。
ドライのホワイトモスに木の実やゴールドの実をあしらった神聖な雰囲気のリース。長く飾っていただけます。
そしてLUNCHは同じ代々木上原にアトリエを構える
人気のフードスタイリスト山本千織さんのChioben【チオベン @chiobenfc 】 の美味しいお弁当とお茶もお楽しみ頂けます。
 ・
【Date】 :12月2日(Sun)
午前の部  9:45  – 12:15     まだ少し空席ございます。
午後の部  12:45 -15:15 ※午後部満席となりました。
Lesson  2h / Lunch 30min

 

【Place】: SIEBEN(ジーベン)@代々木上原
渋谷区元代々木町10-6 type7Bldg 2F

 

【Fee】 :¥10,800

(税込 /受講費 / 花 /お食事/ お茶代含む)

※+¥2,700でリースのSIZEアップ出来ます。
ご希望の方はお申込みの際にお知らせ下さい。
通常約Φ25〜26cm▷約Φ30cm
※写真は実物より小さいです。
 ・
【Lecturer】:さとうゆみこさん (GREEN&KNOT 主宰)
@yumikosatooo
 ・
【Contact】: お名前/ 携帯電話番号/ リースサイズを明記の上、
メールinfo@type-seven.com にてお申し込みください。
追って詳細を連絡させて頂きます。
またはDMにてお送り下さい。
お早めの申し込みをオススメ致します!
 ・
SIEBEN 担当: 五十川 (isogawa)
T. 03-6416-8236

 

CATEGORY: DESIGN / ART SIEBEN

TOP