気がつけば2011年も早くも中盤。

歳をとる毎にどんどん早くなって行く時間の流れ。

常に振り返り反省しきりの毎日が続いています。

さて、我々TYPE SEVEN/タイプセブンの現在進行中のプロジェクトの中で

現在数件が着工中。その中の2物件の現場状況をお伝えしたいと思います。

1件目は山形の老舗繊維メーカー「佐藤繊維 株式会社」の東京OFFICE,SHOWROOM,SHOP

の5階建て、地下1階になるビル1棟のリノベーションです。

佐藤繊維の名が広く一般の人々にも知られるようになったきっかけは米国オバマ大統領の

就任式でミッシェル夫人が着用したやさしい風合いの黄色いカーディガン。

世界的ブランド、NINA RICCIのカーディガン、それがメイド・イン・ジャパン、しかも

メイド・イン・ヤマガタのモヘア糸で編まれたものとわかって大変な話題となりました。

                                                                                

歴史をさかのぼると、1932年に創業者佐藤長之助氏(現在の社長の曾祖父)が

周辺農家とともに羊を育て、その羊毛を原料とした毛紡績業を興したことに始まりました。

それだけに原材料に対するこだわりは強く、南アフリカのモヘア、

ペルーのアルパカ、モンゴルのカシミアなど、世界中で厳選したもの ばかりを使用。

その後、紡績部門を中心にニット製造部門、アパレル部門へも進出。

2001年、社長と婦人の名前を冠したオリジナルブランドM.&KYOKOのコレクションは

NYで最初に発表されました。昨年8月には糸のショールーム、9月には都内百貨店に

ショップをオープンさせています。

そんな飛ぶ鳥を落す勢いの現佐藤社長と出会ったのは2007年。代官山のセレクトショップ

「notre escalier」の設計を弊社に依頼して下さったのが切っ掛けでした。

それ以来公私ともに仲良くして頂き、今回のプロジェクトに繋がっています。

さて、場所は渋谷の喧噪からちょっと離れた東。

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

外装はあまりいじらない予定ですが、1Fのファサードは全て作り替えます。

そこで爆音をたてながらの解体工事。ご近所の方には大変ご迷惑おかけしております。

申し訳ございません。

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

庇もポストも床のタイルも全部壊します。

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

TYPE SEVEN/SIEBEN/タイプセブン/ジーベン

オープンは8月上旬。

工事はまだまだ始まったばかり。これからハイスピードで進んで行きます。

室内も色々面白い仕掛けを予定していますので、竣工をお楽しみに。