今回は5月下旬から当店で発売を開始する照明のご紹介です。

インダストリアル感漂うこの【Anglight – アングライト – 】シリーズは、一昔前を感じるアナログ的な意匠と構造は、今の時代では特異な存在感を放ちます。
マットブラックに仕上げられスチールロッド、それらが交差するジョイント金具には、工業的な真鍮グリップが備えられ、これをきつく締め付けることで高さや角度が調整可能です。

商品名:Anglight_001(Chandelier -3arm)

¥280,000

名前のAnglightとは【Angle-角度, 観点, 視点】+【Light-光-】を組み合わせた造語。ロッドやシェードの角度を変えるだけで観点や視点、デザインが変わるという意味合いで名前をつけました。

商品名:Anglight_004(Wall lamp -1arm)

¥100,000

Anglight_003(Wall lamp -2arm)

¥170,000

ロッドを挟むジョイント金具には緩衝材もついておらす、何度も締め付けることでロッドには傷が付き塗装は剥げる。グリップを強く締め込み、ヘッド部の重力に負けない角度と高さに調整する必要があり何かと手間がかかるランプです。
多くの日本製品の様に、消費者からクレームが届かぬよう幾千ものフィルターが掛けられたプロダクツとはかけ離れた製品であることは間違いありません。
しかしながら、デメリットは時に魅力的に映る事もあると我々は考えています。

完璧でないが故の尊さ。このランプと付合う事で、人もプロダクツも完璧でなく、視点を変えることで生き方は大きく変わる。末永く使った先に、経年変化した真鍮パーツ、傷だらけのロッド、自分の人生が刻まれたかの様なランプの姿に哀れみを覚えるのか、もしくは肯定的に捉えるのか、その時になってみないとわからない。

電源はシャンデリア、ペンダントは直付けタイプと引掛埋込ローゼットAタイプに対応。ウオールランプは直付けタイプとコンセントタイプに対応でき、様々な状況でも取り付けできます。

真鍮ソケットはUSA製のPSE取得済みを使用。コードは布製ツイスト、ロッドはスチール製で長さを調整して製作することが可能です。(セミオーダー 3~4week)

※寸法は当店までお問い合わせください。